友人

2017大晦日

昨日は長男にも手伝ってもらい、 軽い大掃除をした。 去年は受験で無理だったのだ。 今日は次男にも手伝ってもらって、 家族総出で窓ふきと買い物の予定だ。 2017年はそれなりに色々あった。 長男は大学に入り、 次男は翌年度からの行先が決まった。 家内は…

忘年会2

昨日は忘年会だった。 私の教室のではなく、 専門学校の卒業生で、 私の教室にも来られている生徒さんが、 新居のお披露目も兼ねて、 かつてのクラス仲間で忘年会をしたのだった。 中国出身と台湾出身の人たちが、 みんなそれぞれ日本で頑張っていて、 とて…

誕生日

先日、 私は誕生日であった。 もう55歳である。 Facebookではたくさんのメッセージをもらったし、 生徒さんからは、 授業前にケーキをいただいた。 家に帰ると、 またケーキを用意してもらった。 次男が「ハッピーバースデイ」を歌ってくれた。 残念ながら母…

2017忘年会

昨日は私の中国語教室の忘年会であった。 まず通常授業の後で、 中国人講師による会話授業、 その後人気中国料理店に行き、 飲み食いしつつ語り合った。 当初14人の予定が、 2人が二日酔いのため欠席。 結局12人での忘年会だったが、 本場の中華料理は生徒さ…

友人との語らい

9月に東京に行った際、 30年ぶりの友人と会った話を書いた。 http://d.hatena.ne.jp/tanglou/20170922 また会うことを約束して別れたが、 免許更新と献血の日、 彼が出張の帰りに大阪の実家に寄るとのことで、 また会うことになった。 夜の中国語の授業を見…

最後の落語発表会

先日のこと。 友人が学んでいるカルチャーセンター落語講座の、 半年に一度の発表会があったので、 久しぶりに行ってきた。 このブログでも何回か書いたことがある。 http://d.hatena.ne.jp/tanglou/20130824 http://d.hatena.ne.jp/tanglou/20130917 http:/…

30年ぶり

東京での講習会を終えて、 ホテルにチェックインした後、 慌てて待ち合わせ場所の新橋に向かった。 有名な蒸気機関車の前で友人に会った。 こちらは髪が真っ白なのに、 彼はあまり変わっていなかった。 そして昔のことから近況まで、 居酒屋で飲みながら話し…

本来の目的

今回の東京行の、 そもそもの目的は3つあった。 1つ目は今学んでいる太極拳の講習。 これは基本的に半年に1回行っている。 今回少し感覚がつかめた気がした。 2つ目はある武術の講習会参加。 以前から気になっていて、 学んでみたいと思っていた武術があった…

メッセージ

先日、 突然携帯にメッセージが入った。 高校時代に塾に通っていた際、 とても仲の良かった友人からだった。 当時たびたびウチにも遊びに来て、 夜を徹して語り合ったこともあった。 どうもFBで私を見つけて、 連絡して来てくれたらしい。 しばらく近況など…

20年ぶりの再会

昨日の太極拳の授業でのこと。 ある女性の方から、 少し前に見学希望のメールがあり、 当日体験レッスンに参加された。 練習を始めて少しすると、 その人が、 約20年前に、 専門学校で私が中国語を教えていた生徒である、 ということがわかった。 私はほぼ覚…

卒業生同窓会

昨日は、 1年前に卒業した留学生達が、 食事会に誘ってくれた。 みんな日本で立派にやっていて、 すばらしいと思った。 日本語のレベルもみんな非常に高く、 性格も良い人たちで、 こういう縁が得られることも、 この仕事をやっている醍醐味である。

きっかけ

先日のスピーチコンテストで、 ちょっと感動的な話があった。 台湾の女子学生の話であったが、 少し変わっていたその学生は、 小学生時代から様々ないじめに遭っていたという。 いじめは続いていたが、 あることが彼女を変えたのだという。 それはある友人の…

近況を語る

昨晩は、 久しぶりに会う友人と飲みに行った。 かなり庶民的な居酒屋に行き、 いろいろ食べながら互いの近況を話した。 この人は以前整体をやっていたのだが、 その後店をたたんで、 今は物品出荷関連の仕事をしている。 そちらは忙しくストレスも多いという…

友達申請

Facebookを再開して、 数人の知人に友達申請をした。 それをきっかけに、 かつて専門学校で教えた生徒たちの、 消息を知れたのはよかった。 ただ、 またそれを機会にして、 全く知らない人からの友達申請が、 あっという間に増えてしまった。 そのうち仕事の…

Facebook再開

昨日Facebookを再開した。 去年の夏に、 あまりの情報の多さと、 対応しなければならないという気持ちに疲れ、 辞めていた。 http://d.hatena.ne.jp/tanglou/20150730 しかしこのたび、 仕事上の必要性を感じたので、 恥を忍んでまた再開することにした。 と…

東京行(2)

作家の朱川氏を含む友人たちと、 酒席を囲むのはかなり久しぶりだった。 髪が真っ白になっていた友人もいたし、 みんなそれぞれ年相応だったが、 話し始めるとそれも忘れてしまう。 最初の魚専門の居酒屋を出て、 二次会の焼き鳥屋で飲んでいて、 つい遅くな…

プチ同窓会

昨日の朝早くから、 新幹線で東京に行き、 先ほど帰宅した。 今回の東京行はいろいろ実り多かったが、 特に大学時代の友人たちと、 プチ同窓会ができたのはよかった。 他にもいろいろあったが、 明日このブログに書くことにする。

黒のコスモス少女団

朱川湊人「黒のコスモス少女団 薄紅雪華紋様」を読んだ。黒のコスモス少女団 薄紅雪華紋様作者: 朱川湊人出版社/メーカー: 集英社発売日: 2015/10/26メディア: 単行本この商品を含むブログ (2件) を見るシリーズ第二弾である。 大正時代を舞台にした、 絵描…

キミの名前

朱川湊人「キミの名前」を読んだ。キミの名前 (PHP文芸文庫)作者: 朱川湊人出版社/メーカー: PHP研究所発売日: 2016/07/10メディア: 文庫この商品を含むブログ (1件) を見る13の短編から成る「箱庭旅団」シリーズ。 朱川氏の本領発揮ともいえる幻想的な作品…

主夫のトモロー

朱川湊人「主夫のトモロー」を読んだ。主夫のトモロー作者: 朱川湊人出版社/メーカー: NHK出版発売日: 2016/05/24メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログ (2件) を見る久々の朱川作品である。 美術雑誌を出している出版社に勤めていた主人公…

学生時代の友人

昨晩、 仕事を終えての帰宅途中、 携帯に着信記録があるのに気づいた。 作家の朱川湊人氏であった。 かけ直してみると、 彼を含めて5人、 大学時代の友人たちが、 集まって飲みに来ているとのことだった。 もちろん東京なので私は行けないが、 携帯を通じて…

地元

昨日、 次男と買い物に行った帰り、 クラクションを鳴らすのが聞こえて、 何だと思って見ると、 車でやはり買い物に来ていた友人であった。 彼とは幼稚園から中学まで一緒だった。 久しぶりだったので、 しばらく話をしたが、 自分の体調や家族の事など、 同…

わたしの宝石

友人の作家朱川湊人氏の「わたしの宝石」を読んだ。わたしの宝石作者: 朱川湊人出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2016/01/12メディア: 単行本この商品を含むブログ (2件) を見る朱川氏の新作を氏自身が送ってくれたのである。 早速読み始めて一気に読んでし…

原作

昨日の「世にも奇妙な物語」を見て。 一番最初から「昨日公園」だった。 ドラマの出来も悪くなかった。 ただ、 前回の堂本版もそうだったが、 主人公は大人であった。 原作では、 中心となる物語の主人公は小学生で、 最後の場面の主人公は、 息子とキャッチ…

昨日公園再び

昨日、 友人の作家朱川湊人氏から、 久しぶりのメールがあった。 今日放送されるフジテレビの「世にも奇妙な物語」で、 氏の短編の傑作「昨日公園」が放映されるという。 http://www.fujitv.co.jp/kimyo/201511-201512.html#num201512 前回の映像化は、 堂本…

無限のビィ

朱川湊人「無限のビィ」を読んだ。無限のビィ (文芸書)作者: 朱川湊人出版社/メーカー: 徳間書店発売日: 2015/03/10メディア: 単行本この商品を含むブログ (3件) を見る昭和40年代のある町を舞台にした、 小学3年生の男子が主人公の長編小説。 この町で連続…

今日からは、愛のひと

朱川湊人「今日からは、愛のひと」を読んだ。今日からは、愛のひと作者: 朱川湊人出版社/メーカー: 光文社発売日: 2015/06/18メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログ (1件) を見る明るい本の装丁、 若者の独白調で始まる軽い文体、 朱川湊人…

素人落語会

2年前に、 かつての同僚が落語を習っていて、 その発表会に行ったことを書いた。 http://d.hatena.ne.jp/tanglou/20130917 そして昨日、 久しぶりに日程的に行けることになり、 また落語を聞きに行ってきた。 言ってみれば「素人の習い事発表会」であるが、 …

FBやめる

今朝、Facebookのアカウントを削除した。 仕事が忙しくなり、 長男の受験に関してもいろいろあり、 その中で家の雑事などもあって、 少し精神的に落ち着きたくなった。 自分の中のやることを減らしたくなったのである。 というわけでまず手始めに、 ほぼ毎日…

一望

柳生の里を出て、 奈良の中心部に戻り、 生徒さんの勧めで若草山に登ることにした。 専用のドライブウェイで着いた場所は、 鹿がいる駐車場で、 そこから歩いて山頂に向かう。 そこにも鹿がいて、 奈良公園や春日大社と違って、 鹿せんべいをねだることもな…