旅行

懐かしさ

横浜で太極拳の研修会が終了し、 新幹線で新横浜から帰るときまで、 まだ時間があった。 どうやって時間を潰そうか、 と考えていて、 横浜といえばと思い出したのが、 サラリーマン時代の会社及び寮のあった場所である。 ここへ30年ぶりに行ってみることにし…

川崎大師

高尾山を下山して、 やっとの思いで高尾駅に着いた。 太極拳の講習会は午後1時からで、 会場は横浜なのでまだまだ時間があった。 どうしようか考えていたが、 初詣のときによくテレビのニュースで見る、 川崎大師に行ってみようと思い、 品川まで行ってから…

登山路

いつもどおり、 東京方面に行くときは、 朝5時40分に高尾駅に着く深夜バスに乗る。 その後京王線で高尾山口に行き、 高尾山に登るのが恒例になっている。 到着するとかなり寒い。 前回はまだ暗い中登り始めたが、 今回はコンビニで食べ物と飲み物を購入して…

蔵王堂

今朝は、 朝6時前に家を出て、 奈良吉野の金峯山寺に行った。 毎年4月と11月に蔵王権現の御開扉があるのだ。 4月にお参りに行くと、 吉野千本桜を見に行く人が多くて、 落ち着いてお参りできる雰囲気ではないのだ。 そこで私は11月に行くことにしている。 近…

友達と旅行

少し前だが、 長男が大学のサークル関係の友達2人と、 滋賀県に1泊の旅行に行った。 私の学生時代には、 友達の下宿に泊まりに行ったり、 泊まりに来てもらったり、 旅行に行ったり、 色々遊びに行ったものだったが、 長男はあまりそういうことがなかったの…

土産の日本酒

ここでもウルトラ三昧。 パッケージが面白くて買った。 大概こうした企画ものは味は大したことないものだ、 と思っていたが、 帰宅して飲んでみると、 驚くほど美味しい。 ネットでも注文しようかと思うほどである。 ここまで凝るのもすばらしい。

ウルトラ三昧

少し前にも書いたが、 円谷英二の故郷福島の空港はウルトラ三昧であった。

福島旅行(5)

今回の福島旅行は、 色々あったがとても快適だった。 特に印象的だったのは、 福島の田園風景だった。 広々としていて、 ちょうど稲穂が実っている季節でもあり、 遠くから見るとよく言われるように黄金色に見えた。 それがとても癒やされる風景であった。

福島旅行(3)

温泉旅館は少し古めではあったがきれいで、 窓の外は山が迫っており、 その下には川が流れていて、 ずっと川の水が流れる音が聞こえていた。 料理や露天風呂を満喫して就寝。 翌朝は9時にチェックアウトしてタクシーで飯盛山へ。 私は小学生の時に来たことが…

福島旅行(2)

福島空港からは、 リムジンバスに40分乗って、 会津若松に到着。 JR駅の立ち食いそば屋で鴨そばを食べたが、 その鴨の美味しさにびっくりした。 失礼ながら駅の立ち食いそばで、 これほど美味しいものが食べられるとは思っていなかったので、 700円ほどの料…

福島旅行(1)

朝6時半に家を出て、 伊丹空港から飛行機に乗る。 子供たちにとっては、 小学生・幼稚園児時代以来の飛行機である。 特に電車好きな次男にとっては、 電車に乗るのも旅行の楽しみのひとつなので、 これまで電車利用が多かったのだ。 機内はもっと空いている…

昨日の夜帰宅

一昨日から、 家族旅行で福島に行っていた。 行き先は長男の希望で決めた。 長男は来年の就職を控えているので今年のうちに、 またGOTOキャンペーンを利用できる今、 行くことにしたのだ。 そして昨晩帰宅した。 旅行の模様は明日からブログに載せようと思う…

住吉川の役行者

昨日はお盆のお墓参りで、 神戸の家内の実家に行っていた。 お墓は住吉霊園というところで、 タクシーで行かねばならない山の上にある。 お参りの人や車が多い中、 また暑い中をお参りを済ませた。 家内の両親はバスで下山し、 家内と子供たちは途中まで徒歩…

お礼参り

昨日は長男と一緒に、 信貴山の朝護孫子寺に行った。 2月に行った際に、 長男の就職成就の祈祷をお願いしており、 それが叶ったのでお礼参りに行ったのだ。 長男も一度連れていきたいと思っていたので、 朝から出かけた。 これまで私は信貴山下の駅から山を…

知恩院へ

母方の祖父母と叔母の位牌が、 以前の親戚間の揉め事の影響を受けて、 行き場所を失っていたので、 母が亡くなった時に私が預かった。 知り合いのお坊さんに供養をお願いし、 その後私が家で1ヶ月拝んだ。 緊急事態宣言が解除され、 京都の知恩院が開門した…

充電

この自粛期間中、 テレビを見ることも多かったわけだが、 何となく見始めてハマった番組がある。 それが「出川哲朗の充電させてもらえませんか?」である。 出川哲朗の充電させてもらえませんか? 横浜の実家から目指せ❝伊勢神宮❞パワスポ東海道470キロ! なん…

軒並み中止

昨日手紙が来てみたので見ると、 洞川温泉からだった。 去年行った大峯山修行が中止とのことだった。 tanglou.hatenablog.com 比叡山の一日回峰行も中止だし、 tanglou.hatenablog.com 金峯山寺の体験修行も中止である。 tanglou.hatenablog.com 枚岡神社の…

十三回忌(2)

供養は、 やはりこれまでお願いしてきた知恩院に行った。 まず八坂神社にお参りしてから、 円山公園に抜けた。 桜がとても綺麗だった。 そこから知恩院へと向かう。 修理がほぼ終わりなのか、 堂々とした姿が見られた。 帰りに四条で食事をしてから、 その後…

十三回忌(1)

一昨日の日曜日。 京都へ行って父の十三回忌供養を行った。 一昨年にうちは真言宗だったとわかり、 tanglou.hatenablog.com その後私は真言宗で在家得度までしたのだが、 tanglou.hatenablog.com 父の葬儀は浄土宗で行ったわけだし、 1つの区切りとして十三…

山門と寺門(3)

天台宗の中で、 比叡山を山門、三井寺を寺門という言い方があるらしい。 私は何か三井寺に縁があるようだし、 特に黄不動さんが好きなので、 比叡山に行くときにはできる限り参拝するようにしている。 今回は特に如意輪観音さんの33年に1度の御開扉があると…

山門と寺門(2)

坂本ケーブルの駅に行く途中の坂道で、 走っている高校生らしき一団とすれ違った。 恐らく比叡山高校の生徒なのだろう。 全く面識のない私に対してにこやかに、 「こんにちは!」 と挨拶してくれる。 少し驚いて挨拶を返したが、 何かとても清々しい感じがし…

山門と寺門(1)

昨日は比叡山に行ってきた。 少し前の風の強い日に、 家の入口に貼ってある角大師の御札が剥がれ、 さらに雨に濡れて破れていた。 それをお寺に納めて新しいのをいただきに行ったのだ。 私は真言宗で在家得度したが、 横川の元三大師さんや三井寺の智証大師…

留学の朝

今朝は雨が降っているが、 最近朝でも何となく暖かい。 朝6時頃に空を見ると、 朝焼けとともに、 少しだけひんやりする程度の気温が感じられ、 ふと留学していた頃の朝の感じがよみがえった。 1990年か91年に留学していた広州である。 もともと暖かい場所だ…

在家得度(8)

講習で習ったことについて、 簡単な試験などもあったし、 修行には違いないのだが、 高齢の方や女性の方も多いので、 過酷な厳しい修行という感じではない。 同室になった方たちも良い人たちで、 楽しく充実した日々を送ることが出来た。 講習最終日の前日に…

在家得度(7)

「常行三昧」というのは、 夜すべての行事が終わってから、 1時間阿弥陀仏の前で「南無阿弥陀仏」を唱えながら、 円を描いてグルグル回るという行である。 1時間歩きながら唱え続けるので、 私は数が多いほうが良いだろうと思い、 速いスピードでどんどん…

在家得度(6)

少し内容について説明すると、 百礼というのは、 以前朝護孫子寺の玉蔵院で、 1日僧体験をさせていただいた際もやったのだが、 ご本尊の前で五体投地の形で100回礼拝するのだ。 tanglou.hatenablog.com 懺悔の言葉を言いながら100回行うと、 寒い冬の朝でも…

在家得度(5)

翌日朝から講習が始まった。 参加者は途中参加や早退する人を含めると、 100人もの人が来られるらしい。 年齢層はやはり高めだが、 小学生や高校生もいた。 女性が若干多めだが、 男性参加者も多い。 お遍路の先達さんが圧倒的に多かった。 みんな4回以上お…

在家得度(4)

年末に教学講習会の参加を申し込んだ。 年が明けてしばらくしたある日、 専門学校の仕事を終えて一旦家に帰り、 荷物を抱えて徳島行きのバスに乗った。 3時間ほどで徳島駅に着き、 そこからまたバスで安楽寺まで行った。 前日泊を申し込んでいたが、 夜の9時…

在家得度(3)

1週間四国のお寺で過ごすとなると、 色々大変である。 まず仕事を休まなければならないし、 当時は母が入院中だったのでそれもある。 家内に相談すると、 寧ろ入院中だからこそ、 今行きたいなら行ったほうが良いという。 母が戻ってきてからだと、 なかなか…

在家得度(2)

御札を貼るとともに、 同封されていた新聞を読んだ。 お遍路や弘法大師について書かれている記事とともに、 結縁灌頂や教学講習会の案内があった。 教学講習会というのは1週間近くあって、 安楽寺の宿坊に泊まり、 お経の読み方や弘法大師の教え、 護身法や…