決断と実行

先日テレビで、

情報産業の分野における、

米中覇権争いに関する番組を見た。

AIやブロックチェーンを駆使して、

新しい産業をどんどん進める中国の発展ぶりに、

目を見張る思いだった。

見ていて「日本は負ける」あるいは、

「もう既に負けている」と思った。

日本が持っていた「丁寧さ」や「勤勉さ」、

「噓をつかない」や「公徳心」などは、

かなり少なくなっている気がする。

これに対して中国では、

ビッグデータやAIによって、

少なくとも「徹底」や「丁寧」や「勤勉」を、

克服しているように思える。

これらを何とかするには、

教育や技術革新や挙国体制を含めて、

もっと根本的な問題は、

果断さだろうと思う。

言い換えれば「決断と実行」である。

政治家は「拙速」だの「議論を重ねる」だの、

変化を恐れる言葉を並べ、

変化を阻害する規制撤廃などが遅くなる。

その間に中国は、

その強権を以て国を挙げ様々な分野において、

急速に発展を進めているのだ。

今回の番組は、

中国に関わる仕事をする私にとって、

かなり衝撃的な内容であった。