仏の顔

東寺に行った際、
いつもなら食堂や御影堂、
その他は外で拝めるところだけ行っていた。
しかし先日は、
ちょうど春季特別公開の時期だったので、
金堂や講堂や宝物館や観智院も拝観した。
宝物館以外は、
おそらくかなり昔に入ったことがあったが、
今回特に印象深かったのは、
宝物館だった。
「東寺の菩薩像」というテーマの展示がされていた。
巨大な十一面観音像などにも圧倒されるが、
かなり古くてどういう名の仏さんかわからない仏像もあった。
その中の3体並んでいる仏像があり、
その何とも言えないほんわかした表情に、
とても癒される感じがした。
こういう仏さんは、
作った人は勿論のことながら、
長い歴史の間に、
たくさんの拝んできた人たちの気持ちが、
反映されている気がした。