偶然の連続

3日前のこと。
専門学校出勤のため、
地下鉄の駅のエスカレーターに乗り、
地上に出ようとしていた。
その時ふと十数年前の生徒さんのことを思い出した。
特に理由もなかった。
ただ何となくである。
地上に上がると、
まさにその生徒さんが向こうから歩いてきたのだ!
そしてその翌日。
私の教室の授業の際に、
生徒さんが20年来の知り合いだという、
ある人について話し始めた。
しばらく話していてわかった。
ある人とは私の高2時代の担任の先生だったのである!
そして昨日のこと。
専門学校の仕事を終えて、
駅へ向かっていたとき、
私の名を呼びながら近づいてくる人がいる。
留学生かなと思っていると、
これまた別の古くからの生徒さんであった!
3日連続で偶然が続いたのである。
ちょっと恐い気がした。