書入れ時

先日の朝の事。
いつものジョギングコースを走っている時、
住宅街の中に差し掛かると、
妙に明るい所がある。
いつもはほぼ真っ暗で、
すれ違う人が1人いるくらいの場所なのに、
どうしたことだろうと思っていると、
横を通り過ぎる際に分かった。
美容室だったのである。
その日は成人の日だったので、
美容室は書入れ時だったわけである。
時間は朝の5時前。
朝早くから予約が入っていたのだろう。
その日はあちこちで晴れ着の女の子を目にした。