焼き小龍包

今日の授業で、来週上海へ出張に行かれる生徒さんに、
「焼き小龍包」を紹介した。
私の中国語教室では、毎年中国語圏へ旅行に出る。
去年は、11月にみんなで上海へ行った。
有名な観光地豫園の中の南翔の小龍包は、
残念ながら食べられなかったのだが、
ガイドブックに載っていた呉江路の「小楊生煎館」に行った。
そこは、「焼き小龍包」で有名なのだ。
少し並んだが、豫園ほどではない。
それに大変安かった。
あつあつの焼き小龍包は、やけどするほど熱いのだが、
かりかりの皮の中から、じゅわっと肉汁が出てくる。
その具が何ともおいしいのだ!
また上海に行くことがあれば、もちろん再度行くつもりである。